プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



打撃3部門とは無縁でも…プロ野球「無冠の帝王」の5人。主要タイトルを逃した最強打者たち

2022/11/24

text By

photo

産経新聞社



高橋由伸


出身:千葉県
投打:右投左打
身長/体重:180cm/87kg
生年月日:1975年4月3日
ドラフト:1997年ドラフト1位

 
 読売ジャイアンツで選手・監督としてチームを牽引し、ファンからの人気も高かった高橋由伸。
 
 「天才」と称されるほどのバッティングセンスを誇り、慶應大学ではリーグ3冠王に輝くなど圧倒的な活躍。1997年ドラフト会議で巨人を逆指名し、プロ入りを果たした。
 
 プロでもルーキーイヤーからレギュラーに定着し、ジャイアンツの新人では長嶋茂雄以来となる打率3割を達成。2001年からは4シーズン連続で3割超を記録し、2003年にキャリアハイの打率.323をマークした。なお、同年は今岡誠(阪神)が.340で首位打者を獲得した。
 

 
 2007年はリードオフマンを任され、NPBシーズン最多となる9本の先頭打者本塁打を含む35本塁打を記録。1番打者ながら本塁打王のタイトルを見据えていたが、村田修一(横浜)がシーズン最終打席で36本目の本塁打を放ち、同数でのタイトル受賞はならなかった。打撃タイトル獲得とは無縁で、現役時代はけがとの闘いも多かったが、強力打線を牽引する存在となっていた。

1 2 3 4 5