プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



逸材だらけ…2023年ドラフト注目大学生5人(3)即戦力に期待のサイドハンド

2022/10/29

text By

photo

産経新聞社



ドラフト2023 最新情報

 今年も数々のドラマが生まれたプロ野球ドラフト会議。9球団が重複なしで1位指名を公表する異例のドラフトとなったが、野球ファンの間では大きな盛り上がりを見せた。今回は、逸材揃いと呼び声高い2023年ドラフトの大学生候補5人を厳選し、紹介する。

 

 

松本凌人(名城大)


 
 大学生の右腕は西舘勇陽投手(中央大)の他にも、上田大河投手(大阪商業大)、工藤泰成投手(東京国際大)、後藤凌寿投手(東北福祉大)ら全国各地に有力候補が揃っているが、中でも実績豊富なのが名城大・松本凌人投手だ。長身だがサイドハンドで、最速151キロのストレートとカットボールなどの変化球を投げ分ける。
 
 神戸国際大付では3年春にチームの県大会優勝に貢献する活躍を見せたが、夏は決勝で敗れ、聖地の土を踏むことはできなかった。大学では1年秋からリーグ戦に登板し、3年春には5勝、防御率1.11を記録。先発でも中継ぎでも安定した投球を続けている。
 

 
 全国の舞台でもアピールしており、2、3年次に出場した全日本大学野球選手権では計30回を投げ防御率1.80。2年次には沖縄大・仲地礼亜投手(中日からドラフト1位指名)と投げ合い完封勝利、3年次には天理大相手に1失点完投勝利を挙げた。順調に成長すれば、プロでも即戦力で通用しうる投手となるだろう。