プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



逸材だらけ…2023年ドラフト注目大学生5人(2)頭角表す“岩手産”の長身右腕

2022/10/29

text By

photo

産経新聞社



ドラフト2023 最新情報

 今年も数々のドラマが生まれたプロ野球ドラフト会議。9球団が重複なしで1位指名を公表する異例のドラフトとなったが、野球ファンの間では大きな盛り上がりを見せた。今回は、逸材揃いと呼び声高い2023年ドラフトの大学生候補5人を厳選し、紹介する。

 

 

西舘勇陽(中央大)


 
 東都が誇る来秋ドラフト候補、左腕の筆頭が細野晴希投手(東洋大)なら、右腕は西舘勇陽投手(中央大)だろう。高身長から投げ下ろす最速155キロの直球とスライダー、ナックルなどの多彩な変化球を併せ持つ本格派だ。
 
 高校は岩手の強豪・花巻東でプレーし、1年秋から公式戦のマウンドに上がった。その後2年春の選抜で全国デビューを果たし、2年夏、3年夏も甲子園を経験。2年から3年にかけて球速が大きく伸び、3年夏の岩手大会では149キロをマークした。大学進学後は主に中継ぎで起用されていたが、今春は初めて規定投球回に到達し2勝、防御率1.91と活躍。今秋も青山学院大戦で8回までノーヒットノーランを継続するなど好投を続け、5勝、防御率1.70と圧巻の数字を残した。
 

 
同じ岩手の高校でしのぎを削った同世代には、今季完全試合を達成した佐々木朗希投手(現・ロッテ)がいる。その佐々木と同じ舞台で、互角に投げ合う日はそう遠くないはずだ。