プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



豊作確実?2023年ドラフト注目高校生5人(5)世代No.1の打てる捕手

2022/10/29

text By

photo

産経新聞社



ドラフト2023 最新情報

 今年も数々のドラマが生まれたプロ野球ドラフト会議。9球団が重複なしで1位指名を公表する異例のドラフトとなったが、野球ファンの間では大きな盛り上がりを見せた。今回は、逸材揃いと呼び声高い2023年ドラフトの高校生候補5人を厳選し、紹介する。

 

 

堀柊那(報徳学園)


 
 この世代の「高校ナンバーワン捕手」の称号を手にしそうなのが、報徳学園の堀柊那捕手。強豪校で1年夏から試合に出場し、1年秋からは「背番号2」を背負う。すでにスカウトからの評価も高い強肩強打の捕手だ。
 
 最大の魅力は遠投100メートル、二塁送球1.8秒台を誇る強肩。盗塁阻止率も高く、その肩は超高校級と言える。一方、2年次からは打撃でも非凡さを発揮している。1番を打った今春の近畿大会では、智辯和歌山の好投手・塩路柊季投手のスライダーを左中間に運ぶ先頭打者本塁打をマーク。夏の兵庫大会でも4割を超える打率を残した。
 

 
 新チームでは同じく来秋ドラフト候補に挙がるエース右腕・盛田智矢投手とバッテリーを組む。今秋の近畿大会初戦ではリードした盛田が6回無安打無失点の快投。堀は4安打を放ち、攻守でアピールした。「打てる捕手」として注目の存在となりそうだ。