プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大学or社会人を経て…大阪桐蔭出身のドラフト候補7人(6)ロマン溢れる右の大砲

2022/10/19

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議が、10月20日に控えている。今年は現代最強校・大阪桐蔭から松尾汐恩ら3人がプロ志望届を提出。その他にも大学、社会人で活躍を続け、プロ注目の存在となった選手もいる。ここでは、大阪桐蔭出身の大学生・社会人ドラフト候補7人を紹介する。

 

 

古寺宏輝(Honda熊本)


 
 古寺は、大阪桐蔭高、関東学院大を経てホンダ熊本に入社した内野手。右投右打。身長177センチ、体重80キロ。(ホンダ熊本野球部のHPより)
  
 大阪桐蔭高では2年秋から正一塁手となり、中軸として打線を牽引。3年春には甲子園の舞台に立った。進学先の関東学院大では、1年春から指名打者として出場機会を掴み、いきなり打率.347、2本塁打、15打点の活躍で新人賞とベストナインを受賞。その後もアベレージ、本塁打ともに優秀な数字を残し、リーグ戦打率.352、8本塁打、46打点をマークした。
 

  
 卒業後はホンダ熊本入りし、1年目から4番打者として活躍。1年目の都市対抗では5試合で2発、2年目は2試合で3本の本塁打を放ち、持ち前の長打力を遺憾なく発揮した。大学時代から安定した成績を積み重ね、大舞台でも活躍。長距離砲としての資質は、一級品だ。