プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大学or社会人を経て…大阪桐蔭出身のドラフト候補7人(4)社会人入りで打撃開眼

2022/10/19

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議が、10月20日に控えている。今年は現代最強校・大阪桐蔭から松尾汐恩ら3人がプロ志望届を提出。その他にも大学、社会人で活躍を続け、プロ注目の存在となった選手もいる。ここでは、大阪桐蔭出身の大学生・社会人ドラフト候補7人を紹介する。

 

 

中山遥斗(三菱重工East)

 中山は、大阪桐蔭高、国学院大を経て三菱重工Eastに入社した内野手。右投右打、身長173センチ、体重78キロ。(三菱重工East野球部のHPより)
 
 大阪桐蔭高では1年秋から公式戦に出場し、秋の大会では9試合で打率.379、2本塁打、11打点と大活躍。甲子園には春に2度出場し、上位を打ってチームに貢献した。国学院大進学後は、2年秋からショートのレギュラーを奪取。集大成の4年秋のリーグ戦は二塁へ主戦場を移し、中軸として活躍した。しかし、プロ志望届を提出するも指名漏れ。社会人野球へ進路を定めた。
 

  
 三菱重工Eastでは1年目から出場機会を得ると、JABA北海道大会の決勝戦で同点打、決勝弾を放って初制覇の立役者に。さらに、日本選手権では3番を打ち、本塁打も放つなど持ち味を発揮。準優勝に大きく貢献し、二塁手部門の優秀選手に選出された。勝負強い打撃と堅実な守備を兼ね備え、プロの注目を集め続けている。