プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



東大京大名大…文武両道のドラフト候補5人(3)身長194センチの大型右腕

2022/10/18

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議が、10月20日に控えている。今年のプロ志望届提出者の中でひと際存在感を放つのが、高学歴の選手たちだ。東京大学、京都大学、名古屋大学など、名だたる国立大学から、今年は指名有力候補が現れている。今回はそんな文武両道のドラフト候補選手5人を紹介する。

 

 

京都大・水口創太


 水口は、膳所高から京都大に入学した右腕(右打)。身長194センチ、体重94キロ(京都大野球部のHPより)。
 
 膳所高では2年春からベンチ入りすると、秋からは主戦を担った。しかし、目立った実績は残せず、1年間の浪人を経て京都大に入学した。京都大では、3年春から公式戦で登板し、同年秋には自身最速の152キロを計測。リーグ戦初勝利も記録した。
 

 
 高校時代は最速140キロに満たなかったが、大学入学後に一気に球速アップ。194センチの長身も大きな魅力だ。育成指名も含めてプロ入りを志望しており、制球力や変化球、細かいプレーなど課題は多いが、将来が楽しみな存在だ。