プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



東大、京大、名大も…「文武両道」のドラフト候補5人|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/18

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議が、10月20日に控えている。今年のプロ志望届提出者の中でひと際存在感を放つのが、高学歴の選手たちだ。東京大学、京都大学、名古屋大学など、名だたる国立大学から、今年は指名有力候補が現れている。今回はそんな文武両道のドラフト候補選手5人を紹介する。

 

 

東京大・阿久津怜生


 阿久津は、宇都宮高から東京大に入学した外野手。右投左打、身長171センチ、体重73キロ(東京大野球部のHPより)。
 
 小学校時代に故障で野球を一度断念し、陸上に専念。中学3年時には陸上400メートルで日本一に輝いた。宇都宮高では再び野球に挑戦したが、進学した東京大ではアメリカンフットボール部に入部。しかし、2年時に野球部へ転部すると、3年春にはレギュラーを獲得。俊足を活かし、いきなり六大学リーグの盗塁王を獲得する活躍を見せた。
 

 
 東京大という学校名や、陸上、アメリカンフットボールでのプレー経験が目立って話題となったが、もちろんただの「色物」ではない。抜群の身体能力を活かしたフルスイングを武器に、レベルの高い六大学リーグの投手から本塁打も記録。走攻守ともに発展途上だが、将来性は抜群だ。

1 2 3 4 5