プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】東北福祉大・杉澤龍(すぎさわりゅう)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/17

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、東北福祉大学の杉澤龍だ。

 

 
 杉澤は、東北高から東北福祉大に入学した外野手。右投左打、身長175センチ、体重80キロ。(東北福祉大野球部のHPより)

 
 東北高では内野手としてプレーし、1年春から「1番・遊撃」として出場。夏の宮城県大会でいきなり本塁打を放つなど活躍し、甲子園出場の原動力となった。その後も長打が魅力の内野手として活躍し、東北福祉大へ進んだ。
 
 進学後は外野手に転向し、1年秋からリーグ戦に出場。2年秋からセンターのポジションを掴むと、3年春には打率.344(29打数10安打)、7打点、7盗塁と躍動し、MVPを受賞した。さらに、4年春には打率.550(40打数22安打)、4本塁打、14打点と圧巻の数字を残し、リーグ三冠王とMVPを獲得した。
 

 
 類まれなる打撃センスを持つ外野手。高くバットを掲げる独特の構えから、広角に強い当たりを打ち返す。高校時代まで内野手だったが、外野守備もそつなくこなす。走攻守備えた仙台六大学の三冠王が、ドラフト指名を待つ。