プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】鷺宮製作所・小孫竜二(こまごりゅうじ)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/12

text By

photo

Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、鷺宮製作所の小孫竜二だ。

 

 
 小孫は、遊学館高、創価大を経て鷺宮製作所に入社した右腕(右打)。身長180センチ、体重85キロ。(鷺宮製作所野球部のHPより)

 
 遊学館高では1年秋からベンチ入りし、2年春からは主戦格となった。3年春には石川県大会を制すと、同年夏の予選では5試合中4試合に先発。決勝戦では完封勝利を挙げ、甲子園出場を決めた。本大会でも初戦の九州学院高戦で、チームを勝利に導くピッチングを披露した。
 
 創価大進学後は、1年春からいきなり2勝を挙げると、4年時まで安定した活躍。特に3年秋は8試合(58回2/3)を投げ、5勝、67奪三振、防御率1.38と圧巻の活躍を見せた。鷺宮製作所では、2年目からエース格に成長。3年目の2022年は、安定した投球で都市対抗出場の原動力となった。
 

 
 最速155キロを誇る直球を軸に、スライダーやツーシーム、フォークなどを交える本格派。奪三振能力と完成度は、プロのスカウトから高評価を受けている。高校、大学、社会人2年目と3度の指名漏れを経験した即戦力右腕が、運命のドラフト会議を迎える。