プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】四国IL徳島・茶野篤政(ちゃのとくまさ)の特徴、成績、評価は?|2022年ドラフト会議

2022/10/18

text By

photo

Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスの茶野篤政だ。

 

 
 茶野は、中京学院大中京高、名古屋商科大を経て、徳島インディゴソックスに入団した外野手。右投左打、身長175センチ、体重81キロ。(徳島インディゴソックスのHPより)

 
 高校時代は3年夏に公式戦デビューを飾り、岐阜県大会準優勝に貢献。名古屋商科大に入学後は、1年秋からレギュラーを奪取。愛知2部リーグ屈指の巧打者として活躍した。卒業後は徳島インディゴソックスに進み、1年目から59試合に出場して打率.316(177打数56安打)、2本塁打、37盗塁、出塁率.424をマークし、首位打者を獲得。一気にプロ注目選手となった。
 

 
 広角に打ち分けるバットコントロールに加え、引っ張れば長打もあるパンチ力、内野安打を稼げる走力を併せ持つ。福岡ソフトバンクホークス三軍との試合でも結果を残した。