プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】四国IL愛媛・上甲凌大(じょうこうりょうた)の特徴、成績、評価は?|2022年ドラフト会議

2022/10/18

text By

photo

Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、四国アイランドリーグplus・愛媛マンダリンパイレーツの上甲凌大だ。

 

 
 上甲は、宇和島東高から社会人・伯和ビクトリーズを経て、愛媛マンダリンパイレーツに入団した捕手。右投左打、身長184センチ、体重90キロ。(愛媛マンダリンパイレーツのHPより)

 
 宇和島東高では1年秋から正捕手に定着し、愛媛県大会優勝に貢献。甲子園出場は叶わなかったが、県内屈指の強豪で攻守の要を担った。卒業後は、社会人野球の伯和ビクトリーズへ。1年目から出場機会を掴んだものの、3年目の2021年5月にバセドー病を発症。しかし、不屈の精神で難病を克服し、同年開催の都市対抗では、2打席連続本塁打を記録。完全復活を果たした。
 

 
 2022年、夢のプロ入りを目指して愛媛マンダリンパイレーツへ移籍。1年目からレギュラーとして出場し、57試合で打率.261、3本塁打、21打点をマーク。捕手としても二塁送球1.9秒を記録する強肩を武器に、安定した守りを見せた。