プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】四国IL徳島・白川恵翔(しらかわけいしょう)の特徴、成績、評価は?|2022年ドラフト会議

2022/10/18

text By

photo

Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、四国アイランドリーグplus・徳島インディゴソックスの白川恵翔だ。

 

 
 白川は、池田高校から徳島インディゴソックスに入団した右腕(右打)。身長180センチ、体重85キロ。(徳島インディゴソックスのHPより)

 
 池田高では1年時からベンチ入りし、2年夏からエースナンバーを背負った。集大成の3年夏は準決勝まで駒を進めたが、甲子園出場は叶わず。最速146キロの速球を武器にプロ志望届を提出したが、指名はなかった。
 
 卒業後は徳島インディゴソックスに進むと、入団1年目から12試合に登板。うち8試合に先発し、防御率2.79とまずまずの数字を残した。翌年は防御率5点台と苦しんだが、3年目の2022年は22試合(93回2/3)を投げ7勝2敗、防御率1.86をマーク。好投手の多いチームで主戦格へと成長した。
 

 
 力のある直球とスライダー、フォーク、カーブなどを織り交ぜる本格派の右腕。奪三振能力が高く、21歳という若さも魅力だ。高校時代は偉大な先輩である水野雄仁(元・読売ジャイアンツ)を彷彿とさせる活躍で「水野二世」の異名も取った右腕。今年こそ念願のプロ入りを狙う。