プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】JR東日本東北・竹本祐瑛(たけもとひろあき)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/14

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、JR東日本東北の竹本祐瑛だ。

 

 
 竹本は、八戸西高から駒澤大を経てJR東日本東北に入部した右腕(右打)。身長186センチ、体重93キロ。(JR東日本東北野球部のHPより)

 
 八戸西高では2年春からエースとなり、3年春には青森県大会を制した。甲子園出場はならなかったものの、エースとしてチームを牽引し続けた。駒澤大では1年春から登板機会を得ると、3年春には先発の一角へと成長した。集大成の4年秋は、9試合(51回1/3を)投げて3勝、防御率2.28と好成績。しかし、プロ志望届を提出するも指名漏れとなり、JT東日本東北へ進んだ。
 

 
 JR東日本東北では、1年目から都市対抗に登板し、7回3失点で勝利投手となった。2年目の2022年は、エースとして安定した投球を見せている。最速150キロの直球とカットボールを軸に、スライダー、カーブ、チェンジアップ、スプリットなど多彩な変化球を操る。体格にも恵まれており、プロの舞台でもさらなる進化が期待できる。