プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】TDK・鈴木大貴(すずきひろき)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/19

text By

photo

Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、TDKの鈴木大貴だ。

 

 
 鈴木は、福島東高から流通経済大を経てTDKに入社した右腕(右打)。身長182センチ、体重90キロ。(TDK硬式野球部のHPより)
 
 福島東高では2年秋からエースを務め、福島県大会8強の実績を残した。甲子園出場はならなかったが、流通経済大に進路を決定し、2年秋にリーグ戦デビュー。大学では通算27試合すべてにリリーフ登板し、防御率2.02の好成績を残し、次の舞台に社会人野球を選んだ。
 
 TDKでは1年目から登板機会を得ると、先発投手としての登板も増加。都市対抗では先発の大役を任され、6回2失点と試合を作った。また、同試合で自己最速の154キロを計測し、プロスカウトの大きな注目を得る契機となった。
 

 
 恵まれた体格から投じる速球は威力抜群で、スライダー、カットボール、チェンジアップを持ち球とする。大きなワインドアップから体を捻る、躍動感のあるスリークォーター右腕。投球のテンポ感も良く、シンプルな球種の組み合わせながら的を絞らせない投球もできる点も強みだ。