プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】法政大・齊藤大輝(さいとうだいき)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/19

text By

photo

Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、法政大学の齊藤大輝だ。

 

 
 齊藤は、横浜高から法政大に入学した内野手。右投右打、身長178センチ、体重78キロ。(法政大野球部のHPより)
 
 横浜高では1年春からベンチ入りし、夏の甲子園にも出場。秋の神奈川県大会で二塁のポジションを確保し、上位打線として活躍した。 2年秋からはキャプテンを任され、3年春・夏の県予選では、打率5割超を記録。同学年の万波中正(現・北海道日本ハムファイターズ)らとチームを牽引し、集大成となった夏の甲子園では、3試合で打率.385(13打数5安打)、1本塁打と結果を残した。
 
 卒業後は法政大に入学すると、1年春からベンチ入り。3年春からは「3番・二塁」を主戦場とし、打率.342、3本塁打を放った。続く秋もリーグ戦では、リーグ2位の打率.438とハイアベレージを残し、2期連続でベストナインを受賞した。
 

 
 確実性の高い打撃が持ち味の好打者。広角に打ち分ける技術に加え、ツボにはまれば遠くに飛ばす力もある。高校、大学と強豪校で主将を任されるキャプテンシーも魅力の1つだ。