プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】九州AL火の国・芦谷汰貴(あしたにたいき)の特徴・成績・評価は?|2022年ドラフト会議

2022/10/18

text By

photo

Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、ヤマエ久野九州アジアリーグ・火の国サラマンダーズの芦谷汰貴だ。

 

 
 芦谷は、修道高、九州大を経て火の国サラマンダーズに入団した左腕(左打)。身長174センチ、体重78キロ。(火の国サラマンダーズのHPより)
 
 修道高では大きな実績はなく、1年間の浪人を経て九州大に進学。1年秋に公式戦初登板を果たすと、2年時も先発・リリーフを問わず貢献。左肘の故障も経験したが、初勝利を挙げた3年秋には3試合(19回1/3)を投げて防御率0.93の好投を見せた。最速144キロの直球とスライダーを武器にプロ入りを狙ったものの、大卒時は指名漏れ。独立リーグ・火の国サラマンダーズに入団した。
 
 火の国では、入団1年目の2022年から先発投手の座を掴むと、初先発から無傷の10連勝。最終的に19試合(115回1/3)を投げ13勝1敗、125奪三振、防御率1.95と圧倒的な数字を残し、最優秀防御率、最多勝、最多奪三振の投手三冠に輝いた。
 

 
 140キロ台中盤の直球とスライダーのコンビネーションが武器で、カットボールやカーブ、フォークも交えて三振の山を築く左腕。独立リーグを経由し、悲願のプロ入りを狙う。