プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



数々のスターを輩出…ドラ4から大成した最強打者5人(2)通算安打数は大卒トップに

2022/10/14

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 10月20日に迫った2022年のプロ野球ドラフト会議。プロ入り時から大きな注目を集め、期待通りの活躍を見せる選手もいるが、指名順位に関係なく大成する選手もいる。ここでは、ドラフト4位入団からトッププレイヤーとなった打者5人を紹介する。

 

 

金本知憲

・出身地:広島県
・投打:右投左打
・身長/体重:180㎝/88㎏
・生年月日:1968年4月3日
・ドラフト:1991年ドラフト4位
 
 金本知憲は、1492試合連続フルイニング出場の世界記録を作り、“鉄人”の愛称で親しまれた。
 
 東北福祉大から1991年ドラフト4位で広島東洋カープから指名を受け、プロ入り。即戦力として期待されていたが、ルーキーイヤーは5試合の出場に留まり、翌年も結果を残すことができなかった。
 
 しかし、プロ3年目となる1994年シーズン後半からレギュラーに定着すると、翌1995年は初めて規定打席に到達。打率.274、24本塁打の好成績を残し、ベストナインに輝いた。その後は球界を代表する打者へと成長し、1999年からはフルイニング出場を継続。2000年には打率.315、30本塁打、30盗塁をマークして史上7人目のトリプルスリーを達成した
 

 
 2002年オフには、国内フリーエージェント(FA)権を行使して阪神タイガースへ移籍。移籍初年度から18年ぶりリーグ優勝の立役者となった。2004年には打率.317、34本塁打、113打点で初の打撃タイトルとなる打点王を戴冠。2006年には連続試合フルイニング出場の世界記録を樹立し、2010年まで更新を続けた。21年間の現役生活を送り、大卒最多となる歴代7位の2539安打、同10位の476本塁打を放つなど記録にも記憶にも残る名選手へと駆け上がった。

 

この記事に興味をもったあなたにおすすめ

名選手が多いとされるドラフト4位。その選手たちの秘密と指名の舞台裏に迫る…
 
ドラヨン なぜドラフト4位はプロで活躍するのか?