プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



数々のスターを輩出…ドラフト4位入団から大成した名選手5人。歴代屈指の最強打者たち

2022/10/14

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 10月20日に迫った2022年のプロ野球ドラフト会議。プロ入り時から大きな注目を集め、期待通りの活躍を見せる選手もいるが、指名順位に関係なく大成する選手もいる。ここでは、ドラフト4位入団からトッププレイヤーとなった打者5人を紹介する。

 

 

前田智徳

・出身地:熊本県
・投打:右投左打
・身長/体重:176㎝/80㎏
・生年月日:1971年6月6日
・ドラフト:1989年ドラフト4位
 
 「孤高の天才」と呼ばれた前田智徳は、ドラフト4位指名での入団だった。
 
 熊本工から1989年ドラフト4位で広島東洋カープに入団。高卒2年目にレギュラーへ定着すると、打率.271の好成績を残した。また、同年にはゴールデングラブ賞を獲得。翌1992年は打率.308、19本塁打、89打点の活躍で、ベストナインにも輝いた。
 
 順調なキャリアを描いていたが、1995年に右アキレス腱断裂、2000年には左アキレスを痛めるなど大ケガとの戦いを強いられる。しかし、その度に不屈の精神で復活を成し遂げ、2002年はカムバック賞を受賞。2005年には全試合出場し、打率.319、自己最高の32本塁打を放った。天才的なバッティングで安打を積み重ね、2007年には通算2000安打を達成した。
 

 
 晩年は代打の切り札としても活躍。現役24年間でベストナイン、ゴールデングラブをそれぞれ4回受賞、通算打率は.302を誇っている。

1 2 3 4 5