プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】明治大・村松開人(むらまつかいと)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/17

text By

photo

Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、明治大学の村松開人だ。

 

 
 村松は、静岡高から明治大に入学した内野手。右投左打、身長171センチ、体重80キロ。(明治大野球部のHPより)

 
 静岡高では1年秋からショートのレギュラーに定着し、明治神宮大会にも出場。2年春の甲子園ではリードオフマンを担い、2試合で7打数3安打と結果を残した。3年春にもチームを牽引し、聖地に返り咲いた。
 

 明治大では1年春からベンチ入りすると、3年春にリーグ3位の打率.366、5盗塁をマークし、正二塁手の座を奪取。同年秋はハイアベレージに加え、リーグ戦初本塁打も記録した。最高学年となってからは主将に就任。オフシーズンには右膝の手術を経験したが、4年春の日本大学野球選手権で指名打者(DH)としてスタメン復帰。秋には慣れ親しんだセカンドのポジションに就き、走攻守に躍動している。

 

 
 高い打撃技術を持つ俊足巧打の内野手。三振も少なく、逆方向にもしぶとく運ぶことができる、守備ではエラーが少なく、遊撃・二塁という難易度の高いポジションをこなせるユーティリティ性もある。故障を癒やし、万全の状態でプロの舞台に臨む。