プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】九州産業大・渡辺翔太(わたなべしょうた)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/19

text By

photo

Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、九州産業大学の渡辺翔太だ。

 

 
 渡辺は、北九州高から九州産業大に入学した右腕(右打)。身長182センチ、体重90キロ。(野球部のHPより)

 
 北九州高では2年夏から公式戦での登板機会を増やし、秋にエースへ昇格。3年夏の福岡県大会では、ノーシードから準決勝進出の大躍進を支えた。
 

 高校卒業後は九州産業大に進学し、1年春から先発投手として活躍。5試合登板で3勝を挙げる鮮烈なデビューを飾った。3年春から主戦となると、8戦5勝、リーグ2位の防御率1.33をマーク。その後は「無双」状態で連勝記録を伸ばし、4年秋に敗戦投手となるまで実に無傷の19連勝を記録した。

 

 

 最速151キロを誇る直球、カットボールやスライダーといった基本的な球種に加え、スプリットとツーシームの間のような変化球「スプリーム」や、手のひらでボールを包んで投じる「パーム」も持つ右腕。全国大会、国際大会の舞台も経験しており、即戦力投手としての活躍も見込めそうだ。