プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】桐蔭横浜大・吉田賢吾(よしだけんご)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/19

text By

photo

Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、桐蔭横浜大学の吉田賢吾だ。

 

 
 吉田は、横浜商科大高から桐蔭横浜大に入学した捕手。右投右打、身長180センチ、体重94キロ。(桐蔭横浜大野球部のHPより)

 
 横浜商科大高では、2年夏から捕手のレギュラー格として活躍。秋から「4番・捕手」を担い、主将としてもチームを牽引したが、甲子園出場はならなかった。
 

 桐蔭横浜大進学後は、2年秋から一塁手として出場。いきなり新人賞とベストナインを獲得した。3年春からは「4番・捕手」となり、打率.380(50打数19安打)、9打点でMVPを獲得すると、秋には10試合で5本塁打と長打力も開花。続く4年春には10試合で打率.400(40打数19安打)、6本塁打、17打点の大爆発でリーグ三冠王を獲得した。

 

 
 恵まれた体格から豪快な打撃と強肩を誇る捕手。4年春時点でリーグ戦通算11本塁打を放っているが、三振は通算でわずか6個という確実性も併せ持つ強打者だ。高校時代から中軸、主将、捕手といった重責を担い続けてきたリーダーシップも高評価の要素。上位指名の可能性も十分にありそうだ。