プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】桐生第一・三塚琉生(みつかるい)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/19

text By

photo

Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、桐生第一高校の三塚琉生だ。

 

 
 三塚は、群馬県・桐生第一高の外野手兼投手。左投左打。

 
 桐生第一高では1年秋から主軸を打ち、2年夏からは投手も兼任。主将を任された同年秋は投打でチームを牽引し、群馬県大会優勝、関東大会ベスト8入りの原動力となった。集大成の3年夏には、打率.467(15打数7安打)2本塁打をマーク。準決勝では惜しくも敗れたが、苦しい場面でマウンドにも上がり、粘り強い投球を見せた。

 

 

 高校通算31本塁打の長打力に加え、広角に鋭い当たりを飛ばす左の好打者。投手としても最速144キロ左腕で、ポテンシャルを感じさせる。将来性豊かな逸材が、高卒プロ入りを目指す。