プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】下関国際・古賀康誠(こがこうせい)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/19

text By

photo

Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、下関国際高校の古賀康誠だ。

 

 
 古賀は、山口県・下関国際高の投手。左投左打。

 
 下関国際高では1年夏から公式戦で登板し、同年秋から左のエース格としてチームを牽引した。2年春には甲子園の土を踏み、集大成の3年夏も甲子園出場。自身は故障の影響で山口県大会での登板機会は限られていたが、聖地では全5試合に先発登板。右腕・仲井慎むとの2枚看板で大阪桐蔭高や近江高といった優勝候補を次々撃破し、準優勝を飾った。

 

 
 最速147キロの好左腕。決め球のスライダーに加え、カットボールやチェンジアップ、カーブで緩急をつける投球スタイルだ。甲子園でも活躍もあり、プロスカウトからの評価も上々だ。