プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】立正大・奈良間大己(ならまたいき)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/19

text By

photo

Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、立正大学の奈良間大己だ。

 

 
 奈良間は、常葉大菊川高から立正大に入学した内野手。右投右打、身長174センチ、体重74キロ。(立正大野球部のHPより)

 
 常葉大菊川高では1年秋に遊撃のポジションを奪取。2年秋から主将に就任すると、集大成の3年夏に静岡県大会を制覇して甲子園出場。予選6試合で驚異の打率.818(22打数18安打)の勢いそのままに、甲子園でもバックスクリーン弾を放つなど打線を牽引。一気に注目を集め、U-18高校日本代表入りを果たした。

 

 
 立正大では 、1年秋から正遊撃手となり、2年秋からはリードオフマンをつとめた。1、3年時には大学日本代表候補にも名を連ねており、戦国東都で攻守に存在感を放っている。大柄ではないがパンチ力を秘め、飛ばすツボも持ち合わせている俊足巧打の遊撃手で、プロ複数球団が注目している。