プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】亜細亜大・田中幹也(たなかみきや)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/17

text By

photo

Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、亜細亜大学の田中幹也だ。

 

 
 田中は、東海大菅生高から亜細亜大に入学した内野手。右投右打、身長166センチ、体重64キロ。(亜細亜大野球部のHPより)

 
 東海大菅生高では、1年夏から遊撃手のレギュラーに座ると、リードオフマンを担った2年夏に甲子園出場。4試合で打率.500(16打数8安打)の大活躍を見せ、チームの4強入りに大きく貢献した。3年時の甲子園出場はならなかったが、主力選手としてチームを牽引した。
 

 亜細亜大では、1年春から二塁のレギュラーに定着。3年春は主に「1番・遊撃」としてチームの中心選手となった。しかし、リーグ戦後に国指定の難病である潰瘍性大腸炎を発症。戦線離脱を強いられた。その後、治療やリハビリ期間を経て4年春のリーグ戦で復帰を果たし、主将としてもチームを牽引。全日本大学野球選手権決勝戦では、打では2安打3打点、守備では窮地を救うファインプレーを見せ、優勝の立役者としてMVPを獲得した。

 

 
 小柄な体格ながら、俊足巧打にハイレベルな守備力を備える。守備面はすぐにでもプロで通用するレベルと評されており、大きな期待がかかる。今秋ドラフトの大学生内野手では、トップクラスの評価を得ている。