プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】関西学院大・西隼人(にしはやと)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/19

text By

photo

Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、関西学院大学の西隼人だ。

 

 
 西は、福岡大大濠高から関西学院大に入学した右腕(左打)。身長178センチ、体重84キロ。(関西学院大野球部のHPより)

 
 福岡大大濠高では1年秋からベンチ入りすると、外野手兼投手として活躍。2年春の選抜甲子園では中堅手として活躍し、ベスト8進出に貢献した。3年夏はエースを任されたが、福岡県大会準決勝で敗退。関西学院大に進学した。
 

 関西学院大では2年秋にリーグ戦デビューを飾り、3年春には主にリリーフとして登板機会を増やした。4年春には先発となり、勝ち星には恵まれなかったものの、6試合(36回)を投げて防御率1.25と好投。直球の最速も152キロまで伸ばした。

 

 
 力のある直球を軸に、球速差の少ないカットボールとスライダーを織り交ぜ、緩い変化球も投じる右腕。コンパクトなフォームから躍動感ある投球が魅力で、プロのスカウトも一目置く存在だ。