プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】大阪商業大・伊原陵人(いはらたかと)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/19

text By

photo

Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、大阪商業大学の伊原陵人だ。

 

 
 伊原は、智弁学園高から大阪商業大に入学した左腕(左打)。身長170センチ、体重72キロ。(大阪商業大野球部のHPより)

 
 智弁学園高では2年秋からエースとして活躍。近畿大会では8試合中7試合に先発して3完封を記録し、センバツ甲子園への切符を手にした。聖地でも1勝を挙げるなどチームの大黒柱として君臨した。
 
 卒業後は大阪商業大に進学し、1年春からリリーフを中心に登板。2年秋には先発登板を増やし、3勝を挙げて最優秀投手賞を獲得した。3年春には8試合(32回)を投げ5勝0敗、防御率0.28という驚異的な数字を残し、4年春時点でのリーグ戦通算成績は、32試合で12勝1敗、防御率0.86と常に安定した投球でチームを支えている。

 

 
 大柄ではないものの、最速148キロの直球に加え、スライダー、カットボール、チェンジアップ、カーブなど豊富な変化球を操る。内角を大胆に突けるメンタリティと技術が武器で、高い完成度はプロスカウトの注目も集めている。