プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】大阪桐蔭・川原嗣貴(かわはらしき)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/12

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、大阪桐蔭高校の川原嗣貴だ。

 

 
 川原は、大阪桐蔭高の投手。右投右打、身長188センチ、体重85キロ。(野球日本代表侍ジャパンのHPより)

 
 大阪桐蔭高では2年春からベンチ入りすると、決勝戦で先発に抜擢。7回無失点の投球を披露するなど頭角を現した。夏にはリリーフとして甲子園デビューを飾ったが、チームは2回戦で敗れた。3年春の甲子園では、全国制覇に大きく貢献。3年夏には背番号「1」を背負い、甲子園でも2試合登板で2勝(1完封)と活躍した。その後は高校日本代表入りを果たし、リリーフを中心に4試合に登板。3勝を挙げて最優秀投手賞とベストナインを受賞した。

 

 
 長身から投げ込む直球は140キロ台後半をマークし、カットボール、スライダー、スプリット、カーブ、チェンジアップなど多彩な変化球を操る。高校の先輩に当たる藤浪晋太郎(現・阪神タイガース)を彷彿とさせる体格とポテンシャルに、大舞台で活躍してきた実績も十分で、注目を集める高校生投手の1人だ。