プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】名城大・野口泰司(のぐちたいし)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/12

text By

photo

Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、名城大学の野口泰司だ。

 

 
 野口は、栄徳高から名城大に進学した捕手。右投右打、身長180センチ、体重92キロ。(野球日本代表侍JAPANのHPより)
 

 栄徳高では1年夏からレギュラーを奪取し、秋に正捕手へ定着。2年夏には愛知県大会準優勝を果たした。高卒時点ではドラフト指名漏れを経験し、名城大に進学した。
 

 名城大では1年秋に正捕手、3年生からは4番にも座るチームの大黒柱となった。4年春時点で6本塁打のパンチ力に加え、三振の少なさも好材料。二塁送球タイム1.9秒台と守備面での評価も高く、今年は大学日本代表として国際大会も経験した。
 

 
 ドラフト上位指名を目指し、チームを牽引し続けた野口。捕手としては二塁送近年、「打てる捕手」の希少性は高く、各球団のスカウトから注目を集めている。