プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】大阪桐蔭・松尾汐恩(まつおしおん)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/12

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、大阪桐蔭高校の松尾汐恩だ。

 

 
 松尾は、大阪桐蔭高に在籍する捕手。右投右打、身長178センチ、体重76キロ(野球日本代表侍JAPANのHPより)。
 
 中学時代は遊撃手や投手を中心にプレーし、ボーイズ日本代表を経験。大阪桐蔭高入学後、1年秋から捕手に転向した。2年春には甲子園の土を踏み、捕手歴わずか1年ほどにして、名門・大阪桐蔭高の正捕手の座を勝ち取った。同年夏に大阪大会は制して自身2度目の甲子園出場を果たすと、初本塁打も記録した。3年時は春・夏と連続で甲子園に出場し、それぞれ2本塁打を放つ大暴れ。攻守の要としてチームを牽引した。

 
 今夏は高校日本代表として、主に3番として9試合で打率.328(28打数9安打)、6打点。国際試合で他校の投手をリードする対応力も見せ、捕手部門のオールワールドチーム(ベストナイン)に選出された。
 

 

 高卒ルーキーとしての入団が見込まれるが、すでに大舞台の経験は豊富な松尾。夏の甲子園、高校日本代表を経て、プロスカウトからの評価もさらに上がり、上位指名の可能性も出てきた。ポジション転向をものともしないセンス、強豪校や代表で発揮したリーダーシップも含め、各チームが熱視線を送る。