プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】専修大・菊地吏玖(きくちりく)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/12

text By

photo

Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、専修大学の菊地吏玖だ。

 

 
 菊地は、札幌大谷高から専修大に入学した右腕(左打)。身長183センチ、体重93キロ。(専修大野球部のHPより)。
 
 札幌大谷高では1年春から背番号「1」を背負うと、いきなり全道大会優勝に貢献。その後は故障に苦しんだが、2年夏に復帰すると、以降は打者としても中軸を担ってチームを牽引した。プロスカウトの注目も集めていたものの、専修大への進学を選択した。

 
 専修大では2年秋にリーグ戦デビューを果たすと、4試合登板で3勝を挙げ、リーグトップの防御率0.31をマーク。3年秋は故障の影響でリリーフに回ったものの、4年春は再び先発として3勝2敗、防御率1.20でリーグ1位の数字を記録した。
 

 
 力感のないフォームから伸びのある速球を投じる。スライダーやカーブ、チェンジアップといった球種に加え、ツーシームも操るなど、マウンドでの立ち居振る舞いも含めて完成度の高い投手だ。さらなる経験を積み、プロの舞台で活躍することが期待される。