プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】早稲田大・蛭間拓哉(ひるまたくや)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/12

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、早稲田大学の蛭間拓哉だ。

 

 
 蛭間は、浦和学院高から早稲田大に入学した外野手。左投左打、身長176センチ、体重87キロ(早稲田大野球部のHPより)。
 

 浦和学院高では1年時から4番を打ち、最高学年では主将も就任。右翼や中堅を守り、主砲として高校通算28本塁打を記録した。3年夏には甲子園に出場し、一発を放つなど実力を発揮した。
 

 高校卒業後は早稲田大に進学し、1年春からベンチ入り。その後は中軸を任され、2年秋には10季ぶりリーグ優勝に貢献した4年春時点でリーグ戦通算12本塁打を記録。今夏は大学日本代表にも選出され、高校日本代表との試合では4番を努めた。
 

 
 甘く入れば逆方向にもスタンドインできる長打力に加え、ややタイミングを崩されても対応できる粘り強さを併せ持ち、守備では強肩も光る。日体大・矢澤宏太、高松商・浅野翔吾と並び「今年のドラフトBIG3」と推す声も聞かれ、埼玉西武ライオンズはドラフト1位指名を公言している。