プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



【ドラフト注目選手】日体大・矢澤宏太(やざわこうた)の特徴、成績、評価は?|2022年プロ野球ドラフト会議

2022/10/12

text By



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 2022年プロ野球ドラフト会議を10月20日に控え、今年もドラフト候補選手たちに大きな関心が寄せられている。そこで弊サイトでは、特に注目を集める選手に焦点を当て、経歴、プレースタイルなどに迫っていく。今回は、日本体育大学の矢澤宏太だ。

 

 
 矢澤は、藤嶺藤沢高から日本体育大学に入学した投手兼外野手。左投左打、身長172センチ、体重73キロ。(野球日本代表侍JAPANのHPより)
 
 藤嶺藤沢高では1年夏から外野手としてベンチ入りし、秋以降は投手としても活躍。2、3年時にも甲子園出場はないものの、投打で存在感を示した。
 

 

 日体大では、1年春から外野手としてリーグ戦に出場し、秋には1番打者に定着した。打者としては4度の規定到達、2度のベストナインを受賞し、4年春時点で5本塁打をマーク。3年時から主力となった投手としてもベストナインを獲得しており、通算22試合に登板で11勝、防御率1.66を記録している。
 
 173センチと大柄ではないものの、投手としては左腕から最速152キロの速球と2種類のスライダー、カーブやチェンジアップなど多彩な変化球を駆使。打者としても広角に長短打を打ち分けている。高校3年時にはプロ志望届を提出しながら指名はならず、大学でさらに素質を伸ばした矢澤。直近ではプロスカウトからの評価も上々で、すでに北海道日本ハムファイターズがドラフト1位指名を公表している。