プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



大豊作…2017年に上位指名を受けた高卒スラッガー5人(3)4番打者としてさらなる飛躍へ

2022/10/02

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 プロ野球のドラフト会議は、各球団の戦略が現れるのも特徴の1つだ。即戦力を重視するのか、将来性を重視するのかなど、戦力事情によって指名の方針が決定する。チームによっては、和製大砲を育てるために、スケールの大きな打者を上位で指名するケースも珍しくない。ここでは、「スラッガー豊作の年」と称される2017年ドラフトにおいて、上位指名された高卒野手5人紹介する。

 

 

安田尚憲


出身:大阪府
投打:右投左打
身長/体重:188cm/95kg
生年月日:1999年4月15日
経歴:履正社高
ドラフト:2017年ドラフト1位
 
 履正社高校で1年生から活躍し、高校通算65本塁打を放った安田尚憲も、2017年のドラフトで注目された選手の1人だ。
 
 高校1年生からレギュラーを奪取した安田は、2年春から4番を任されると、同年秋の明治神宮大会初優勝に大きく貢献。決勝戦で本塁打を放った安田の存在感も、日に日に増していった。高校最後の夏は甲子園に出場できなかったものの、大阪府大会では3ホーマーを記録するなど圧倒的な打棒を披露した。
 
 迎えたドラフト会議では、外れ1位で3球団(ロッテ・ソフトバンク・阪神)競合の末にロッテ入り。再指名とはいえ重複となったことは、安田の潜在能力を各球団が評価していた証だろう。
 

 
 プロ3年目の2020年からは、三塁のレギュラーに定着した安田。一方で持ち味の打撃面では、試行錯誤の時期が長くなっている。それでも2022年は、最終盤には不動の4番に座っており、ここまで打率.258、9本塁打の成績。シーズンも大詰めとなっているが、2桁本塁打にも王手をかけている。