プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



プロ野球”史上最強”世代!? 1994年生まれの投手5人。ドラ1ばかりの豪華な布陣に

2022/07/02

text By

photo

産経新聞社、Getty Images



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 プロ野球史を振り返ると、球界を代表する選手が揃う「黄金世代」が多く存在する。ここでは、世代の中でも特に実績の優れた5人を紹介する。今回は1994年(平成6年)生・投手編。(今季成績は7月1日時点)

 

 

大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)


投打:右投左打
身長/体重:193センチ/97キロ
生年月日:1994年7月5日
経歴:花巻東高
ドラフト:2012年ドラフト1位
 
 “二刀流”で日米の野球界を席巻するスーパースター。圧倒的な打棒もさることながら、投手としても類い稀な才能を発揮している。
 
 花巻東高時代からNPB、MLB球団から大きな注目を集め、ドラフト前には日本球界を経ずにメジャー挑戦を表明。しかし、日本ハムから2012年ドラフト1位指名を受けると、交渉の末に入団を決めた。
 
 高卒1年目から「8番・右翼」で開幕スタメンを掴み、投手としても3勝を挙げて大器の片鱗を示すと、翌年にはNPB史上初の2桁勝利(11勝)&2桁本塁打(10本)を達成した。さらに15年、22試合(160回2/3)を投げ、15勝5敗、勝率.750、5完投3完封、196奪三振、防御率2.24をマークし、投手3冠(防御率・勝利・勝率)とベストナインを獲得。16年に投げては10勝、防御率1.86、打っては打率.322(規定未満)、22本塁打と圧巻のパフォーマンスを披露して日本一の原動力に。史上初となる投手部門と野手部門(指名打者)でベストナインを同時受賞し、最優秀選手(MVP)にも輝いた。

 17年オフには、ポスティングシステムを行使して念願のメジャー移籍。エンゼルスでも1年目から投打に躍動し、新人王に輝いた。さらに迎えた21年、投手として23試合(130回1/3)を投げ、9勝2敗、156奪三振、防御率3.18、WHIP1.09。打者としては158試合出場で打率.257、46本塁打、100打点、26盗塁、OPS.964(出塁率.372+長打率.592)と現代に比較対象のない成績を残し、満場一致でアメリカン・リーグのシーズンMVPに選出された。2年連続MVPが期待される今季も、“二刀流”の活躍を続けている。

1 2 3 4 5