プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



パ・リーグ史上最高のキャッチャー5人。球史に名を刻む最強捕手たち

2022/06/15

text By

photo

産経新聞社



パ・リーグ歴代ベストナイン・捕手部門

 球史を振り返れば、どのポジションにも代名詞といえる名選手がいるものだ。常勝軍団には、確固たる地位を築くレギュラー選手がチームを牽引している。今回は、リーグ・ポジション別に歴代屈指のプレーヤー5人を紹介する。(パシフィック・リーグ 捕手編)

 

 

野村克也(のむらかつや)

投打:右投右打
身長/体重:175センチ/85キロ
生年月日:1935年6月29日
経歴:峰山高
○最優秀選手(MVP):5回(1961、63、65-66、73年)
○首位打者:1回(1965年)
○本塁打王:9回(1957、1961-68年)
○打点王:7回(1962-67、72年)
○ベストナイン:19回(1956-68、70-73、75-76年)
○ダイヤモンドグラブ賞(現ゴールデングラブ賞):1回(1973年)
○オールスターゲーム出場:21回(1957-68、70-77、80年)
 
 歴代最強捕手の名声を博す戦後初の三冠王。1954年にテスト生として入団し、初の本塁打王に輝いた57年以降は「4番・捕手」として圧倒的な打撃成績を残し、球界を席巻した。61年から8年連続本塁打王、62年から6年連続打点王のタイトルを戴冠。特に65年には打率.320、42本塁打、110打点をマークし、戦後初の三冠王(打率、本塁打、打点)に輝いた。70年からは選手兼任監督に就任。73年にはチームをリーグ優勝に導くなど指揮官としての手腕も発揮した。
 
 78年はロッテ、79年から2シーズンは選手として西武でプレー。3年ぶりにオールスターへ出場した80年限りで現役生活の幕を下ろした。

 通算成績は、3017試合出場、打率.277、2901安打、657本塁打、1988打点、117盗塁となっている。

1 2 3 4 5