プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



逸材揃い…2001年生まれの選手5人。大豊作世代!投打に躍動するニュースターたち

2022/06/07

text By

photo

産経新聞社



プロ野球 最新情報(最新ニュース)

 プロ野球史を振り返ると、球界を代表する選手が揃う「黄金世代」が多く存在する。ここでは、世代の中でも特に注目を集める5人を紹介する。今回は2001年(平成13年)生編。(今季成績は6月6日時点)

 

 

佐々木朗希(千葉ロッテマリーンズ)


投打:右投右打

身長/体重:190センチ/85キロ
生年月日:2001年11月3日
経歴:大船渡高
ドラフト:2019年ドラフト1位
 
 大船渡高時代から大きな注目を集め、4球団競合の末に2019年ドラフト1位でロッテに入団した“令和の怪物”。佐々木朗。プロ1年目は春季キャンプから一軍に帯同。早期のデビューも期待されたが、球団の方針によって身体作りに専念し、同年はベールに包まれたままシーズンを終えた。
 
 翌21年は、オープン戦で実戦登板を果たすと、開幕から二軍で圧巻のピッチング。5月にはついに一軍デビューを果たし、2戦目の登板でプロ初勝利を挙げた。その後も中10日以上の登板間隔を空けて先発マウンドに上がり、レギュラーシーズン2位で迎えたポストシーズンでは、開幕投手に抜擢。好投で勝利を呼び込むなど大器の片鱗を示した。

 迎えた今季は、ついに覚醒。開幕からローテーション入りを果たすと、開幕3戦目に先発登板し、自己最速を更新する164キロを計測。そして、4月10日のオリックス戦では、NPB新記録となる13者連続奪三振、NPB記録に並ぶ1試合19奪三振を記録。終始打者を圧倒して9回を105球で投げ切り、史上最年少(20歳5カ月)での完全試合を達成した。さらに、次戦の日本ハム戦でも8回までパーフェクトピッチング。試合状況と球数の影響もあってマウンドを譲ったが、2試合連続で球史に残る快投を見せた。その後も支配的な投球を続け、ここまで5勝、両リーグでも断トツトップの100奪三振、防御率1.77をマークしている。

1 2 3 4 5