データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



今永昇太が語る中学時代。軟式を選んだ理由は「周りに比べて上手なわけではなかった」(インタビュー前編)

2022/03/18

text By

photo

産経新聞社

タグ: , , , , , , , , , , ,



今永昇太(横浜DeNAベイスターズ) インタビュー

横浜DeNAベイスターズの今永昇太投手は中学時代、軟式野球部に所属していた。意外なことに、当時は決して目立ったピッチャーではなかったという。中3夏は地区の1回戦負けで、ストレートの最速は110キロ台。“投げる哲学者”は、何を想い、何を目標にして練習に励んでいたのか。3月11日に発売した『中学野球部の教科書 育成年代の「技術と心」を育む』より、インタビューを一部抜粋して公開する。(前編)

 

 

野球が楽しく、面白かった中学時代 放課後は自分たちで練習に取り組む

――今永さんは、北九州市立永犬丸(えいのまる)中の軟式野球部でプレーをされていました。硬式クラブではなく、軟式の部活動を選んだ理由から教えてください。
 
今永 小学校のときにソフトボールをやっていたので、そこから硬式に変わることの恐怖心みたいなものがありました。体もそんなに大きくなく、周りに比べて上手なわけではなかった。その当時、野球が上手な選手がボーイズやシニアに入るイメージがあったので、そんなことも考えて野球部を選びました。
 
――中学入学時の身長・体重は覚えていますか。
 
今永 170センチはなかったと思います。168センチぐらいで、体重は50キロちょっと。背の順で並ぶと、真ん中より少し後ろぐらいです。

――当時の練習を振り返ってみて、何か思い出すことはありますか。
 
今永 決して、「強い」と言える中学校ではなかったですけど……、顧問の先生が結構偉い立場の方で、平日の練習に顔を出すのが難しい状況でした。だから、放課後は自主練習のような形が多かった印象があります。
 
――そうなると、自分たちで野球をやっている感じだったのでしょうか。
 
今永 そうですね。当時を振り返ると、「野球が楽しいか、楽しくないか」という気持ちの部分が、野球を続けていくうえでの一番大事なモチベーションでした。その中で、自分たちで練習をやれていたのが楽しかったし、何か面白いなと思いながら練習をしていました。自分たちの好きな練習ばかりやっていた思い出があります。
 
――今永さんの場合は、投げる練習ですか?
 
今永 いえ。あの頃のぼくは打つことが好きだったので、平日は練習の始まる20分ぐらい前にグラウンドに出て、野手をやっている友達と対決していました。野手の人は結構、ピッチャーをやりたがる傾向があるんですよ。土日になると先生がグラウンドに来るので、しっかり練習していました。

1 2


  • 記者募集