大谷翔平選手をはじめとした日本人メジャーリーガーを中心にメジャーリーグ・日本プロ野球はもちろん、社会人・大学・高校野球まで幅広いカテゴリーの情報を、多角的な視点で発信する野球専門メディアです。世界的に注目されている情報を数多く発信しています。ベースボールチャンネル



ソフトバンクの“歴代最強”セカンド5人。球団史を彩る正二塁手の系譜、ホークスレジェンド選手たちの成績は?

2022/03/10

text By

photo

産経新聞社



小久保裕紀(こくぼひろき)


投打:右投右打
身長/体重:182センチ/87キロ
生年月日:1971年10月8日
経歴:星林高-青山学院大
ドラフト:1993年ドラフト2位
〇本塁打王:1回(1995年)
〇打点王:1回(1997年)
〇ベストナイン:3回(1995、97、2011年)※2011年は一塁手部門での受賞。
〇ゴールデングラブ賞:3回(1995、2010-11年)※2010-11年は一塁手部門での受賞。
〇オールスターゲーム出場:10回(1995-97、2000-02、07-09、11年)
※チーム在籍時のみ。巨人時代にカムバック賞受賞。オールスター1回出場。
 
 数々の美しい放物線を描いた“ミスターホークス”。正二塁手を奪取した1995年に本塁打王(28本)へ輝き、ブレイクを果たした。97年には不動の4番に座り、打率.302、36本塁打、114打点をマークし、打点王を受賞。その後は三塁を主戦場とし、「ダイハード打線」の核として99年の日本一を含むリーグ2連覇に大きく貢献した。2004年からは巨人へ活躍の場を移したが、07年にFA移籍でチームへ復帰。既にベテランの域に入っていたが、一塁をメインに変わらぬ存在感を発揮した。計16シーズンプレーした同球団では、2桁本塁打12度(うち20本塁打以上9度)を記録。チームリーダーとしても常勝軍団を牽引していた。

 チーム在籍時の通算成績は、1702試合出場、打率.270、1670安打、319本塁打、1066打点、56盗塁となっている。

1 2 3 4 5