データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【プレミア12速報】侍ジャパン、宿敵・韓国連破で悲願の初優勝! 09年WBC以来10年ぶり「世界一」奪還

2019/11/17

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



鈴木誠也の追撃打、山田哲人の逆転弾で重い空気振り払う!必死の継投も鉄壁無失点

<2019世界野球 第2回WBSCプレミア12 決勝戦 日本 5-3 韓国>(17日、日本:東京ドーム)
 
「第2回WBSCプレミア12」は17日に最終日を迎え、野球日本代表「侍ジャパン」は、前日に続いて韓国と対戦し、逆転勝利を収め大会初優勝を決めた。侍ジャパンの国際大会優勝は2009年のWBC以来10年ぶり。
 
 初優勝を狙う侍ジャパンは、初回に先発の山口俊が2本の本塁打を浴びいきなり3失点と苦しい立ち上がりとなったが、直後に4番の鈴木誠也が韓国先発のヤン・ヒョンジョンから左越え適時打を放ち追撃する。
 
 さらに、続く2回には2死から四球と内野安打で一、二塁のチャンスで1番の山田哲人が左翼スタンドへ突き刺さる値千金の3ラン本塁打を放ち4-3と一気に試合をひっくり返した。
 
 すると、守備でも飛球をキャッチした左翼・近藤健介が好返球でタッチアップでの二塁進塁を狙った一塁走者を刺しダブルプレーを完成させる好プレーが飛び出し、攻守に渡り日本に良い流れができる。
 
 投げては、2回から登板したアンダースロー右腕の高橋礼が2回無失点、田口麗斗も1回無失点に抑える好リリーフ。そして4番手の中川皓太も3番から始まる韓国中軸打線を封じ1点のリードを持ったまま終盤を迎えた。
 
 追加点が欲しい侍ジャパン打線は、再三チャンスを作りながら6回まで4イニング連続無得点。しかし、7回に3番手チョ・サンウから先頭の坂本勇人が二塁打で出塁すると、2死から5番の浅村栄斗が右前へ貴重な適時打を放ち5-3とリードを広げた。
 
 そして7回の1イニングを3者凡退とした5番手の甲斐野央に続いて、8回に登板した山本由伸も150キロ台後半の速球を連発し2三振を含む3者凡退。迎えた9回は、7番手で登板したクローザーの山﨑康晃が先頭の4番パク・ビョンホを三ゴロに打ち取るなど最後も3者凡退で試合を決めた。
 
 侍ジャパンは前回大会の準決勝で敗れた宿敵・韓国に対してスーパーラウンド最終戦から2連勝。そして、トップチームとしては2009年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)以来10年ぶりとなる世界一に輝いた。




  • 記者募集