プロ野球、甲子園、メジャーリーグ、大谷翔平…野球の情報を徹底網羅!ベースボールチャンネル



二刀流・大谷翔平が新人王に輝く衝撃のメジャーデビュー 、イチローは古巣マリナーズに復帰――日本人野手のメジャー挑戦を振り返る【2018年編】

2020/08/01

text By



 7月23日(日本時間7月24日)に開幕を迎えたメジャーリーグ。60試合制や、ナショナル・リーグ初の指名打者(DH)制導入など、NPB同様2020年は異例のシーズンとなる。
 

 
 一方で、今年は新たに筒香嘉智、秋山翔吾、山口俊の3人がNPBから海を渡り、メジャーの舞台に挑戦。2人の野手が同時に挑戦するのは、2012年の青木宣親と川﨑宗則以来8年ぶりとなる。筒香と秋山は、日本人野手再評価の流れを作ることができるだろうか。
 
 本シリーズでは、年度別シーズンOPSランキングトップ10選手と、同年の日本人選手の成績を振り返り、時代背景とともに日本人野手のメジャーリーグ挑戦の軌跡を辿る。今回は2018年編。

2018年シーズンOPSランキングトップ10


 
 

 2018年は、マイク・トラウト(ロサンゼルス・エンゼルス)が連覇を達成した。前年に続いて故障者リスト入りした時期もありながら、打率.312、39本塁打、79打点をマーク。打撃タイトルの獲得はならなかったが、出塁率.460、OPS1.088は両リーグトップの数値を誇るなど、強い存在感を示した。
 
 2位にはムーキー・ベッツ(ボストン・レッドソックス)が初のランキング入りを果たした。同年は打率.346、32本塁打、80打点、30盗塁、OPS1.078をマークし、アメリカン・リーグ首位打者を獲得。トップバッターを任されながら、両リーグトップの長打率.640を残す長打力も見せた。その活躍でチームをワールドチャンピオンに導き、シーズンMVPにも輝いた。
 
 3位には同じくレッドソックスのJ.D.マルティネスが入った。同年は打率.330、43本塁打、OPS1.031をマーク。両リーグトップの130打点でア・リーグ打点王を獲得し、チームのワールドチャンピオンにも大きく貢献した、
 
 4位はクリスチャン・イェリッチ(ミルウォーキー・ブルワーズ)だ。オフにマイアミ・マーリンズから移籍したイェリッチは、打率.326、36本塁打、110打点をマークし、初の打撃タイトルとなるナショナル・リーグ首位打者を獲得。チームは地区優勝を達成し、自身はシーズンMVPにも輝いた。
 
 5位はホセ・ラミレス(クリーブランド・インディアンス)、6位はノーラン・アレナド(コロラド・ロッキーズ)となった。
 
 同年のアレナドは、打率.297、38本塁打、110打点、OPS.934の好成績を残し、2年ぶりにナ・リーグ本塁打王へと返り咲いた。
 
 以降は7位にアレックス・ブレグマン(ヒューストン・アストロズ)、8位にランキング常連となったポール・ゴールドシュミット(アリゾナ・ダイヤモンドバックス)、9位にトレバー・ストーリー(ロッキーズ)、10位にアンソニー・レンドーン(ワシントン・ナショナルズ)と続いた。

1 2 3