データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



イップスで2018年に「引退」 元「レッドソックスのドラ1」が7年越しのMLB昇格へ!

2020/07/18

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



アイデンティティを捨て苦難を乗り越え、再び大舞台へ

 選手としての「どん底」に落ちた右腕は、どのようにMLBの舞台に戻ることができたのだろうか。『MLB.com』が伝えるところによるとバードは、「現役投手としてのアイデンティティを一度、捨て切った」ことで病を克服したという。
 
 引退後、アリゾナ・ダイヤモンドバックスの職員となったバード。このとき初めて、「無失点に抑えること」以外のことで、自身の価値を発揮する体験ができたという。過酷なMLBの舞台で、大きすぎるプレッシャーが右腕の精神を少しずつ蝕んでいたことを実感した時期だった。バードは選手やスタッフとの交流を通じ、今までになく自身のメンタルと向き合う時間を過ごした。
 
 そして2019年、バードは自らの中で、以前とは明らかに違う感覚を掴んだことに気づいた。「もうプロとしてマウンドに立つことはないと思っていた。でも、心のどこかで、プロのユニフォームに身を包んでマウンドに上がり、素晴らしい打者たちと戦うことを望んでいた自分もいたんだ。」そんな思いを体現するように、2020年にはロッキーズとマイナー契約。結果を残し、メジャーキャンプへの招待を手にした。
 
 「バードの姿に勇気づけられているし、前向きな気持ちにさせられる」と語るのはバッド・ブラック監督。「イップスに打ち勝ってメジャーに復帰した」という事実が、何よりも世界のアスリートに勇気を与えるものだ。再び大舞台で輝きを放つその日まで、バードの挑戦はまだまだ続く。

1 2





  • 記者募集