データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



アクーニャJr.、同胞”キング”のブレーブス加入に興奮「投手として、人として偉大」

2020/02/02

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



共にベネズエラ出身。“キング”は1月20日にマイナー契約発表

 アトランタ・ブレーブスの若きスター、ロナルド・アクーニャJr.外野手は、同チームが“キング”フェリックス・ヘルナンデス投手とマイナーながら契約を交わしたことに大歓迎の意を表明している。1月31日(日本時間2月1日)、ベネズエラ紙『メリディアーノ』がアクーニャJr.のコメントを報じている。
 
 チームイベントに参加したアクーニャJr.はヘルナンデス加入について質問を向けられると「もちろん非常に興奮しているよ。ここまでのチームの動きに興奮している。ベネズエラ人も他のみんなも彼を見ながら成長してきたんだ。彼は投手としてだけでなく、人間としても偉大なんだ」と通算169勝を誇る同郷のレジェンドの加入を喜んだ。
 
 ナショナルリーグ制覇を目論むブレーブスは、ライバルのセントルイス・カーディナルスからFAとなっていた大砲マーセル・オズーナ外野手も獲得した。「いいプレーヤーが我々のチームに加わるのは素晴らしいこと。打線が強化されるのは明らかだし、その点でも今季が楽しみだ」と2018年の新人王はチームへの期待を語る。
 
 そして、アクーニャJr.個人について話が及ぶと「優先すべきは、いいコンディションをキープすること、そしてどんな形であれチームの勝利に貢献することだ」と述べ、昨季わずかに届かなかった“40本塁打-40盗塁”の大記録については「達成のチャンスは常にあると思っているよ」と自身をのぞかせた。
 
 3年連続の地区優勝、リーグ優勝を視野に入れるブレーブスは着々と補強を進めている。果たして“キング”ヘルナンデスはメジャー昇格を勝ち取り、アクーニャJr.と同じグラウンドに立つことはできるのか。アクーニャJr.自身の大記録挑戦も含め、今季もブレーブスは多くの話題を提供してくれそうだ。




  • 記者募集