データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



菊池雄星、打線の大量援護で6戦ぶり4勝目。ボール自体は復調、勝負すべき場面で避けない投球を【雄星リポート第17戦】

シアトル・マリナーズの菊池雄星投手が23日(日本時間24日)、本拠地のTモバイルパークでのオリオールズ戦に先発し、6回を投げて5安打3失点で抑えて4勝目をあげた。6試合ぶりとなる嬉しい1勝で、同時にクオリティースタートもキープした。打線が爆発する中で、勝利に貢献できたことは本人にとっても大きいはずだ。

2019/06/24

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



流れをつかみきれない“慎重すぎる”投球

 1、2回に1失点ずつを喫する立ち上がりだったが、ボール自体は決して悪くなかった。
 
 1回表は、1死から2番・マンシーニにカーブを合わされての左中間本塁打、2回は、2死三塁から1番・アルバートに適時打を浴びたが、低めの厳しいコースを打ち返されたもので、打者の優れた芸当によるものだった。
 
 ストレートの球威に多少のムラがあったとはいえ、高めに投げるストレート、キレのあるスライダー、カウント球のカーブ、チェンジアップと、どの球も、復調を感じさせた。
 
 しかし、そのボールがありながらも苦しんだのは、ストライクゾーン勝負が割り切ってできていなかったからだ。
 
 象徴的だったのは、チームが大量8点を勝ち越して迎えた4回表だ。
 
 このイニングを抑えれば、流れがぐっと引き寄せることができるという中で、1死を簡単にとった後、8番のブログストンを四球で歩かせてしまっている。後続を三塁ゴロの併殺打で斬ってことなきを得たが、このシーンに象徴される“慎重すぎる”投球が、今の菊池が垣間見せる欠点だ。
 
 ブログストンには2回表にも無死一塁から四球を与えている。先頭打者に左翼安打を浴びた中でのもので、この際も、後続を併殺に抑えているが、2死三塁となり、1番のアルバートに適時打を浴びた。

1 2