データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



マリナーズ・菊池雄星、自身メジャー初の2桁奪三振「2017年に近づいてきた」【雄星リポート第8戦】

シアトル・マリナーズの菊池雄星が3日(日本時間4日)、敵地・クリーブランドでのインディアンス戦に登板し、7回を投げて3安打1失点10三振を奪う好投を見せた。打線の援護に恵まれず、勝敗はつかなかったものの、今季の中では最高と言えるピッチングでメジャー初の2桁奪三振をマークした。

2019/05/05

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , ,



圧巻の奪三振ショー

 メジャー8戦目にして、菊池が本領を発揮した。
 
 強いストレートに手元で鋭く切れるスライダー、カウント球に使えるカーブ、そして、見せ球のチェンジアップ。ストライクゾーンを大きく使うバランスの良さが光る投球で相手打線を封じ込めた。
 
 特に、冴えていたのは、2017年に投手二冠を達成した際に、菊池の代名詞にもなったスライダーだ。初回、1番のリンドーアに対して、そのスライダーで三塁ゴロに斬ってスタートを切ると、2番・マーティンをスライダーで空振り三振。3番のラミレスを中飛に抑えて抜群の立ち上がりを見せた。
 
 2回は走者を一人出したものの、1回とは変わってストレートとカーブ主体のピッチングで無失点。3回はストレート主体で三者凡退に抑えた。1点を先制した後の4回裏、甘く入ったところを狙われて無死一、二塁のピンチを招くも、サンタナを併殺打に斬って1失点のみにとどめた。
 
 5回はたった7球で三者凡退に抑えると6回からは、カウントを取るスライダーと、空振りを狙うスライダーを使い分けた。
 
 6回裏、1番のリンドーアをインコースのスライダーで空振り三振。3番のラミレスはチェンジアップで見逃し三振。そして、7回は圧巻の三者連続三振。ルブロウには外から入ってくるスライダーで見逃し三振。左打者のゴンザレスには外に逃げるスライダーで空を切らせた。計10三振は見事というほかなかった。

1 2