データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ゲレーロ親子はどこまで行けるか。ボンズ、グリフィーら最強親子のセイバー数値を振り返る

2019/04/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 
 今季のMLBナンバーワンプロスペクト(若手有望選手)のブラディミール・ゲレーロJr.内野手(トロント・ブルージェイズ)がついにメジャーデビューした。その才能の高さはもちろんだが、MLB殿堂入りプレーヤーのブラディミール・ゲレーロ氏の実子であることでも注目を集めている。25日(日本時間26日)、米公式サイト『MLB.com』はゲレーロJrのデビューに際し、過去の親子鷹選手をセイバーメトリクスの観点から紹介している。
 
 これまでにも親子による合計安打数、本塁打数などの指標でランク付けされることもあったが、同サイトは『ベースボール・リファレンス』による通算WAR値(メジャーリーグ最低レベルの代替えが効く選手に対し、どれだけの勝利に貢献したかを表す数値。一般的に、レギュラークラスの選手で「2.0」、オールスター級の選手で「5.0」、MVP級で「8.0」が目安とされている)で、親子が通算で稼ぎ出したポイントという観点から、インパクトのあった6組の父子を紹介している。
 
・ボビー・ボンズ(57.9)&バリー・ボンズ(162.8) 計220.7
 MLB史上1位762本塁打の息子バリーの生涯WAR162.8はMLB史上でも4位という高数値。共に通算300本塁打、400盗塁をクリアし、10シーズンで20本塁打,20盗塁を達成しているという唯一の父子でもある。2人のキャリアを通算した安打数は4821、本塁打数は1094という文字通りのMLB史上最強親子だ。
 
・ケン・グリフィー(34.5)&ケン・グリフィーJr.(83.8) 計118.3
 シアトル・マリナーズで2シーズン(1990年、1991年ン)親子共にプレーした経験を持つ。MLB史上7位の630本塁打のケン・グリフィーJr.の83.8という生涯WARはMLB史上56位となっている。父ケン・グリフィーも通算2143安打を放ち、3度のオールスターゲーム選出を誇る名プレーヤーだ。
 
・フェリペ・アルー(42.2)&モイゼス・アルー(39.9) 計82.1
 ドミニカ共和国出身の野球一家として名高いアルー家。父フェリペ、息子モイゼス共に通算2000本安打をクリアし、2人が放った本塁打は538本になる。またフェリペは、ヘススとマテオという2人の兄弟も優れたメジャーリーガーであり、3兄弟が放った安打数を合算すると実に5094安打になる。

1 2