データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



イチロー、OP戦16打席連続無安打 11試合出場で打率.087と不振極める

2019/03/12

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 
 シアトル・マリナーズのイチロー外野手が11日(日本時間12日)、 アリゾナ州ピオリアで行われたカンザスシティ・ロイヤルズとのオープン戦に「8番・左翼」で出場。2打席に立ち、無安打1四球の内容だった。これでオープン戦16打席連続無安打となっている。
 
 マリナーズは初回に2本の二塁打を含む4安打を浴び2点を献上。2回に1点を返し、なおも2死一塁の状況でイチローが第1打席を迎え、相手先発ヒース・フィルマイヤー投手から四球を選んだ。
 
 1-4と3点を追う4回、イチローは2番手のジェイク・ディークマン投手の前に中飛。直後の守備から退き、この日は2打数無安打だった。これでオープン戦11試合での成績は計23打数2安打2打点、打率.087となっている。
 
 イチローは今季、マイナー契約で招待選手としてスプリングトレーニングに参加。20日には東京ドームで行われるオークランド・アスレチックスとの開幕戦で出場が見込まれているが、ここまで16打席連続無安打と不振を極めているだけに、ここからどう調子を上げていくか注目だ。