データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



マリナーズ、ストリックランドと契約合意 昨季14セーブ右腕、守護神ディアスの後任となれるか

2019/01/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 
 シアトル・マリナーズは27日(日本時間28日)、サンフランシスコ・ジャイアンツからフリーエージェント(FA)となっていたハンター・ストリックランド投手との1年契約での合意に至ったと正式に発表した。同日、米公式サイト『MLB.com』が報じた。
 
 今年31歳を迎える右腕ストリックランドは、2014年にメジャーデビュー。昨季はジャイアンツのクローザーとして、49試合に登板し、3勝5敗14セーブ、防御率3.97の成績を残したが、昨年11月末にノンテンダーFAとなっていた。
 
 同サイトによると、130万ドル(約1億4200万円)の1年契約だが、登板などの出来高によって金額が倍近くになる可能性もあるという。ストリックランドは年俸調停の有資格選手であり、マリナーズは今シーズンを含めて3年間保有することが可能となる。
 
 マリナーズはチームの絶対的守護神エドウィン・ディアス投手が12月にメッツへ移籍。クローザー不在となっている中で、ストリックランドには今季の抑え候補の一人として活躍が期待される。