データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ツインズ、WBCオランダ代表スコープと8億超単年契約 今季はブリュワーズで結果残せず

2018/12/07

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 
 ミネソタ・ツインズは6日(日本時間7日)、ミルウォーキー・ブリュワーズからフリーエージェント(FA)となっていたジョナサン・スコープ内野手と単年契約で合意したと発表した。米公式サイト『MLB.com』によると、年俸は750万ドル(約8億4500万円)になると見られている。
 
 スコープは2013年にボルティモア・オリオールズでメジャーデビュー。14年からは正二塁手として定着し、第3回、第4回のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のオランダ代表にも選出された。昨季は打率.293、32本塁打、105打点といずれもキャリアハイの数字をマークし飛躍の年となった。
 
 今季は7月に、ナショナル・リーグ中地区の首位争いが激化するブリュワーズにトレード移籍した。強打の二塁手として期待されたが、移籍後の打率は.202、4本塁打と低迷。シーズン終了後に球団から来季契約をしない旨を伝えられ、FAとなっていた。
 
 今季の成績は、131試合に出場し、打率.233、21本塁打、61打点だった。